EDITORIAL

珈琲の世界は深い、長い間愛されつづけ何万何億通りものブレンド珈琲が創造されてきた。珈琲に物語を吹き込む作業、それがブレンド珈琲だと考える。
CALM BURNのイメージでは珈琲は遥か昔からタイムマシンの役目を果たし人々を時の旅へ連れ出してきた。
珈琲がいつの時代も求められ愛されるのはそんな理由があるからだ。
            calm burn master 
                           jun.uchida